ファイルの種類による絞込み

表示を絞り込む

選択条件をクリアする
検索結果:合計 31 文書中 21 件目から 30 件目を表示しています
重要度順 | 新着順 | ヒット数順
ページ:1 | 2 | 3 | 4
Language Testing and Assessment (EALTA) 発表者 学会名 2011年度 対象テスト:英検 対象テスト:TEAP 2010年度 対象テスト:英検 Replicating Results from a CEFR Test Comparison Project Across Continents 対象テスト:TEAP タイトル Using word frequency lists to investigate the vocabulary used in a pilot Dunlea, J. version of a new entrance exam Japan Language Testing Association (JLTA) 2008年度 対象テスト:英検 タイトル 発表者
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 98.2KB
スト理論との比較 藤田 藤田 法月 法月 智子 智子 健 健 99 108 117 127 5.ヨーロッパ共通参照枠(CEFR: Common European Framework of Reference for Languages)ELP( European Language Portfolio) と規準設定 5.1 5.2 5.3 5.4 おわりに CEFR(Common European Framework of Reference for Languages)における 6 レベルの規準設定の視点 CEFR 誕生とその背景:複言
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 2.4MB
Response Theory. CITO in the Netherlands is one of the most prestigious institutes for educational measurement in the world. We have recently found some interesting points for further investigation concerning the CITO Variation on the Bookmark Method in their manual for relating language examinations to the CEFR. We are therefore planning to do further research on the revised Bookmark Method developed by CITO so that we may implement it in our country. In order to gain a deeper understanding of the CITO Bookmark Method, extensive experimentation and research on the present method is needed. The present method often follows the
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 2.8MB
国の研究と開発は、残念 ながら歩調を合わせるまでには至っていない。Kane (1994); Hambleton & Pitoniak (2006); Cizek & Bunch (2007) 等に加えて、いま話題の CEFR の Can-do statements や CLIL とも関 連してくる Frank van der Schoot (2009) などの規準設定法に関する提案などにもあまり興味 が示されていない。 わ
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 4.8MB
る、受験者のテストに対 する意識はどのようなものなのか 3)英検型スピーキングテストの結果をその他の基準(CEFR 等)と比較した時に言える ことは何か 4)調査結果に基づいて、スピーキングテストに効果的な指導法の提言 2. 2012 年度研
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 617.6KB
卒業要件の一部 となっているが、 試験対策を行う科目は存在しない。 学部によって異なるが、 過半数の学部は CEFR B2 レベルを卒業要件としており、条件を満たさない場合は、センター運営の Online Remedial 56 Microsoft Word - 【英検報告書(WEB版)】EAP研究会 2018_0423.docx
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 13.1MB
2015年度:中間報告 大友賢二・中村洋一・法月健 1. 1. 規準設定における統計処理: Latent Class Analysis (LCA) と Mixture Rasch Model (MRM) 本研究は、 CEFR の “3 Common Reference Levels” で “a common framework scale should be objectively determined in that they are based on a theory of measurement (p. 21) と指摘されて いる standard setting の統計的な方法論に関するものである。「目
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 2.6MB
these participants were interviewed three times to attain further insight into language learning perceptions and behaviors. The learners’ primary English language teacher was also interviewed in order to consolidate our interpretations of the data. The data show that participants were typically at the B1 level on the CEFR scale in all skills, both productive and receptive. This notable outcome was the result of their high school classes which focused greatly on developing learners’ communicative competence, providing a balanced approach to teaching the four skills. Positive washback from the test was identified in terms of specific sub-skills (synthesizing ideas in
日付 : 2020-01-21 00:00:00 サイズ : 3.4MB
4.2.1 参加者 参加者は、国立大学の必修英語科目(習熟度別クラス)で学ぶ1年生 20 名(非 英語専攻) 。英語レベルは CEFR B1 から B1+と判定できる。2 全員女性で、ペ アワーク活動に慣れているのが特徴。10 組のペア作成は、学生の希望に沿って 行わ
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 1.6MB
必要かということである。また、どんな状態であれば、B ではなくて A と 判断できるかという課題でもある。 1.1. CEFR と CAN-DO statements: なぜ、「規準設定」が、「ICT 等を活用した評価」という領域に関連するのであ ろうか?その第 1 の理由は、現在の英語教育の
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 1.3MB
ページ:1 | 2 | 3 | 4