ファイルの種類による絞込み

表示を絞り込む

選択条件をクリアする
検索結果:合計 48 文書中 31 件目から 40 件目を表示しています
重要度順 | 新着順 | ヒット数順
ページ:1 | 2 | 3 | 4 | 5
基に,この した,行動思考アプローチと複言語・複文化主義を 枠組みを精緻化することが可能となる。 理念とした can-do ディスクリプタである。CEFR の共通参照枠の構成は,縦軸と横軸から構成されて いる。縦軸は言語能力の記述であり,一番下
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 908.5KB
尺度の仕組みがわかるように、初級から上級までのレベルが 1 つの表にまとめられ、それ ぞれのレベルに代表的な can-do の descriptor が提示されています。 表2 Can understand a wide range of demanding, longer texts, and recognize implicit meaning. Can express him/herself fluently and spontaneously without much C1 obvious searching for expressions. Can use language flexibly and effectively for social, academic
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 163.3KB
). Broadening international student access: Looking at alternative English proficiency tests. Manoa, Hawai‘i: University of Hawai‘i at Manoa. Dederick, T., Ban, H., & Oyabu, T. (2002). Metrical analysis and comparison of English proficiency tests. Bulletin of Hokuriku University, 26, 73–84. Dunlea, J. (2009). The EIKEN Can-do List: improving feedback for an English proficiency test in Japan. In L. Taylor & C. Weir (Eds.), Language testing matters: Investigating the wider social and educational impact of assessment – Proceedings of the ALTE Cambridge Conference, April 2008, Studies in Language Testing: Vol. 31 (pp. 245–262). Cambridge: Cambridge University. Dunlea, J. (2010).
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 799.4KB
Investigating Japanese Learners’ Study Habits and Actual Use of English Matsudaria, T. Association of Language Testers in Europe (ALTE) Investigating the relationship between quantity and quality in English language learning and changes in confidence levels of learners from the perspective of the EIKEN Can-do List Yanase, K., & Matsudaira, T. Japan Association of College English Teachers (JACET) Investigating an Alternative English-Proficiency Screening Test for College Admission Purposes Hill, Y., Tsurutani, T., & Fouts, T. National Association of Foreign Student Advisers (NAFSA) Investigating the relationship between the EIKEN tests and the CEFR Dunlea, J., & Matsudaira, T. European Association for Language Testing
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 98.2KB
用および統合 渡部 良典 42 渡部 良典 51 伊東 祐郎 伊東 祐郎 59 71 藤田 智子 藤田 智子 81 90 3.Can-do statements における規準設定 3.1 3.2 3.3 3.4 日本語能力試験の能力レベルと Can-Do Statements 日本語教育カリキュラムにおける Can-Do Statements の役割と 機能 英語教
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 2.4MB
目次 はじめに 渡部 良典 予備調査:CITO Variation on the Bookmark Method 大友 賢二 A Pilot Survey of the CITO Variation on the Bookmark Kenji OHTOMO 1 Method "Can-do statements" の比較・研究 伊東 祐郎 Comparative studies on practices of Can-do statements Sukero ITO Can-do statements (CDS) の規準設定 藤田 智子 Standard setting for can-do statements Tomoko FUJITA 受容語彙力を測定するプレイスメントテス
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 2.8MB
振り返って 大友 賢二 渡部 良典 CITO Variation on the Bookmark Method の一考察 大友 賢二 Investigating the effects of the CITO Variation on Kenji OHTOMO 1 the Bookmark Method "Can-do statements" の比較・研究 II Comparative studies on practices of Can-do 伊東 祐郎 27 Sukero ITO statements II Can-do self-checklist の規準設定と妥当性 Standard setting and validity for can-do 藤田 智子 51 Tomoko FUJITA self-checklist 実用英語検
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 4.8MB
人 全体に占める割合 1.8% 1.8% 7.7% 40.6% 48.0% 100% 88%以上が「(全く・ある程度)賛成である」と回答しており、Can-Do リストの活用等に対しての受容的な素地が あることをうかがわせる結果となっている。詳細に関しては「ある程度賛成」と「全く賛
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 1.8MB
4. 【研究 B】 4.1. 意識調査 本研究の意識調査は、 久埜百合の作成した 「小学校英語指導者 指導力 CAN-DO リスト」 (資料 1) 「“で と きるかも度 Check” 指導者 英語力 CAN-DO リスト」 (資料 2)を用いた。参加者には「記入者について」 (資料 3)も記入してもらった。なお、2017
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 2.1MB
ることができ るようになることに期待を寄せている」、「LRT をラッシュモデルと併用することで、学 内で開発された Can-do statements(CDS)の妥当化に効果があったことを指摘」、 「LRT は IRT と同じように多値型データにも活用することができる」といった研
日付 : 2014-12-15 00:00:00 サイズ : 1.9MB
ページ:1 | 2 | 3 | 4 | 5